2020年 第15回小胞体ストレス研究会の開催について

小胞体ストレス研究会は2005年に発足し、来年で15年目を迎えます。来年度の研究会を記念大会とし、京都・壬生で2020年9月に開催いたします。小胞体に限らず、タンパク質研究を軸に幅広い研究領域の方々に参加頂きたいと考えております。

第15回小胞体ストレス研究会記念大会
「タンパク質代謝とストレス応答(仮題)」
大会長:潮田 亮(京都産業大学)

日程:2020年9月27日(日)-29日(火)(予定)
会場:京都産業大学むすびわざ館(京都・壬生)
会場詳細はこちらから

*28日(月)は午後より、「七人の侍」の先生方のご講演を企画しております。

研究会プログラム内容の一例(予定)
*このような内容を予定しております。

ータンパク質の一生(誕生(合成)、成熟(フォールディング)、輸送、死(分解))
ータンパク質品質管理とその制御
ータンパク質恒常性維持とストレス応答
ータンパク質恒常性の破綻と、その病態

その他、アイデアを募集しておりますので、是非、ご意見ください。

◆詳細(プログラムや参加登録など)に関しましては、来年、特設ホームページを開設し、情報発信したいと思います。しばし、お待ちください。

最新情報をフォローしたい方は、研究室TwitterまたはFacebookをフォロー頂きますと幸いです。また、研究会に関してのお問い合わせは、お問い合わせフォームから、または潮田宛てに直接メールを頂けますと幸いです。(研究会にご興味のある方は、事前にご連絡頂けますと、参加登録など情報更新の際にメール差し上げます。)

来年度の研究会へ、ご協力頂けますと幸いです。

~小胞体ストレス研究会とは~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です